お酢には体に良い効果がたくさんある

毎日続けたいお酢習慣

調味料の一つとして知られているお酢は、体の健康にとても良いと言われている食べ物の一つです。万能調味料であり料理を簡単にするお酢で健康な体を手に入れるには、1日に大さじ一杯のお酢を継続して取り入れる事が必要です。継続することが大切なので、お酢特有の酸っぱさが苦手だという方には大変かもしれませんが、最近ではお酢特有の酸っぱさを軽減させるおいしくて使いやすい合わせ酢があり、便利な通信販売でお酢を購入できることもあり、お酢特有の酸っぱさが苦手でも継続して体に取り入れることが可能になってきています。

体に良い健康効果

お酢を体に取り入れることで、すぐに実感できる体の変化が便秘の解消です。お酢には殺菌効果があり腸内の悪玉菌を減らし腸内環境を整えてくれます。そして腸の蠕動運動が活発になり便を外に出しやすくなります。便秘解消の他にもお酢を取り入れることで体に与える健康の効果は他にもあります。それは、血圧やコレステロールの値を下げる効果です。お酢に含まれる酢酸に血圧やコレステロールを下げる働きがあります。また、お酢には糖の吸収を穏やかにする働きがあるので、食後の血糖値の上昇を抑えます。そのため、血糖値を気にしなければならない病気の方やダイエットをしたい方には良い効果を与えてくれます。その他に、お酢にはクエン酸が豊富に含まれており、クエン酸の働きによって体の代謝が良くなり、体の巡りが良くなり体にたまった乳酸や老廃物が外に出やすくなり疲れにくい体になっていきます。代謝が良くなるという事は、体を動かしていない時でも代謝でエネルギーを使う量が増えるということになるのでダイエットにもとても良い効果を発揮します。

継続が大切

このようにお酢を体の中に取り入れるというのは、健康に良い効果を発揮してくれます。良い効果が多いのですが、良い効果を発揮させるためには継続が大切です。合わせ酢を使い、酢の物を副菜で食べたり、果実酢などを牛乳や炭酸で割ってドリンクとして取り入れるようにすると継続してお酢を体に取り入れられるようになります。また、きゅうりや大根を酢漬けにしてピクルスで食べるのもおすすめです。