人気のお酢の特徴

お酢によって使い方はそれぞれ

お酢は種類が豊富です。穀物酢、米酢、リンゴ酢、黒酢などの種類があり、それぞれ特徴が違います。果実酢も果物の種類が変わればまったく味の違うお酢になります。オリジナルビネガーのお酢は通販での購入をオススメします。特徴が違えば合う料理も違うので、上手にお酢他調味料のレシピサイトで活用してみてください。

特徴とレシピの提案

穀物酢は米・小麦・トウモロコシなどの穀物を原料にしたお酢のことです。すっきりした酸味が特徴なので、鶏肉や豚肉をゆでるとすっきりとした味になります。

米酢は米を原料にしたお酢です。穀物酢の場合は小麦やトウモロコシなども使用しますが、米酢は米だけで作られています。お米のまろやかさが特徴で、料理に使えばまろやかな風味になります。酢のものが利用しやすい方法だと思います。また、酢には味を引き立てる働きがあるので、料理に米酢を使えばおいしく減塩ができます。

リンゴ酢はリンゴのフルーティーな味が特徴です。甘くて飲みやすいため、ドリンクに活用することがおすすめです。ドリンクに適したハチミツを加えたリンゴ酢も販売されています。そのまま飲むと胃を荒すので、必ず希釈をして飲んでください。ドレッシングとの相性もよく、やや甘味のあるドレッシングになります。

黒酢は玄米を原料にしているお酢で黒い色をしている特徴があります。米酢は精製した米を使用していますが、黒酢の場合は未精製の玄米を使用している点が違います。玄米にはアミノ酸が豊富に含まれているので、黒酢には穀物酢や米酢などに比べてアミノ酸が多く含まれています。アミノ酸は代謝を高める働きが期待できて、黒酢はダイエットによいといわれています。黒酢はコクがあるので、ドリンクとして飲みやすいです。

容量を守って健康に

お酢はこのようにいくつかの種類があり、原料にしているものが違い、原料が違うことによって味も違ってきます。それぞれのお酢は特徴があり、特徴を活かすことでお酢を毎日の生活においしく取り入れらることでしょう。健康効果を期待するなら、1日15mlほど摂取するとよいといわれています。一度に摂取をしてもよいし、料理に加えてもよいし、いろいろな摂り方ができます。