自然にお酢を摂って健康的になる!

基礎調味料のお酢は健康に良い

料理のさしすせその一つ、お酢。しかし、お酢が体にいいとは知っていても、料理にうまく使えていますか?定番の酢の物料理にお酢を使うことはあっても、なかなか他の料理では使っていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?体にいいとは知っているけれど、実際にどうやって取っていいのかわからない。お酢を知れば、料理が更に楽しくなります。

体にいいお酢

健康に良いとは聞きますが、どう体に良いのでしょうか?お酢には酢酸、クエン酸、アミノ酸などが入っているため、高めの血圧を下げたり、高めの血中総コレステロール値を下げてくれる働きがあります。また、胃液の分泌を促してくれるので、食欲増進や消化不良防止にも効果があるんですよ。夏バテしているときに良いというのはこのためですね。夏

摂取するためにはどうしたらいいの?

さて、体にいいということがわかりましたが、日常的にお酢を摂取するためにはどうしたらいいのでしょうか?ドリンクタイプのものもありますが、やっぱり苦手という方も多くいらっしゃいます。確かに、お酢を割って飲むのは好き嫌いがありますよね。やはり料理で使うということが一番ではないでしょうか。調味料の通販でお酢をまとめて購入しておけば毎日心配することなく使えます。お酢の中でも合わせ酢を覚えておくだけで簡単に料理に使うことができてしまいますよ!甘酢や三杯酢などは聞いたことがあるという方もいらっしゃるはず。お酢と他の調味料を合わせたもののことを合わせ酢と言います。例えば、すりごまを混ぜたゴマ酢はドレッシングとしても使える調味料です。ゴマの風味が良く、どんな野菜にも合わせやすいんですよ。野菜が苦手な人も、これをかければ食べやすくなるのでは?魚にピッタリなのは南蛮酢です。ゴマ油と唐辛子が入った南蛮酢は揚げた魚によく合う合わせ酢です。てんぷらなどをした際に、ちょっと試してみてください!普段とはまた違う味わいになるのでおすすめですよ。他の調味料を混ぜて作るだけなので、誰でも簡単にでき、いつもの料理の印象を変えてくれます。自然にお酢を摂ることができるので、いつの間にか健康的になってしまうかもしれません!