四季折々のお酢料理

毎日元気でいたいと思っても、そんな風にいることができないことが多いです。そんな時、ある人はとても元気と思うことがありますね。その人は多分、食生活が違っていると思うことがあります。食事は毎日のことなので、その積み重ねにより元気になることが出来るのです。美味しいと思ってい食べていても、それが体に良くないものだと考えたいですね。その時、元気な人が食べているものとして酢の物があります。酢の物は、季節を通じて食べることができる、さっぱりとした料理です。しかも疲労を回復させることができるお酢が含まれているのでとても良い食事にすることができます。そしてお酢のつんと来る感じが苦手という人は、合わせ酢で簡単時短料理を作ることが出来るのです。魚介に合う三杯酢を通販でみつけたので、これで作った酢の物で元気を維持しましょう。ここではそんな1年を通して食べる事ができる酢の物について、ご紹介します。

春には筍を使って酢味噌和え

春になると、代表される食材としてたけのこがあります。山菜なども多くありますね。そんな時、筍の木の芽和えなどはとても美味しいです。味噌と合わせ酢を合わせることにより、甘い酸っぱいと良い酸味を感じることができます。

夏にはきゅうりの酢の物

夏と言うと、なんといっても食べたいのはきゅうりです。さっぱりとしたきゅうりと合わせ酢で、食欲がないときも食べることができますね。きゅうりとわかめは定番の酢の物です。

秋はきのこの酢の物

秋になると、きのこが美味しいです。そのきのこだって、酢の物にすることができます。しいたけ、えのき、しめじなどを炒めたものを合わせ酢と合わせるととても美味しいです。きのこ類から美味しい出汁が出るので、それで酢の物をマイルドにすることができます。

冬はカニの酢の物

冬と言うと、なんといってもカニが美味しい時期です。そのカニは、鍋などにすることが一般的ですがその鍋と一緒に食べるものとしてカニの入った酢の物が合います。口休めに最高ですね。